教室案内


 CADを利用している業界で、建設関連企業は好景気の中、CADオペレーターの確保に躍起です。また、3次元CADのニーズが高まっていますが、求人情報誌など見ても時給が高く募集も増えてきています。さらに、3Dプリンターの普及に伴い3次元データの作成ができる人が少なく、早く技術を身に着けることは今後の仕事においても、個人の趣味の幅を広げるにあたっても有利になると考えられます。


 本教室では個別指導体制で受講者カルテを作成し、個人の技術習得に合わせ指導していきます。

 

 資格を取るための指導ではなく実務で役に立つ技術を身に着けるための教室です。

 

 基礎を指導する初期はスケジュールに沿って指導しますが、そのあとは実際の図面を入力することで、自由な時間にきて訓練できます。もちろんサポートしながら指導します。

 

 コース途中で別のコースを受講したい場合、入会金はいりません。

 

 ピンポイント的に学びたい方もコースに関係なく受け入れます。

 

  本教室は東和大学同窓会事務局の就業時間以外(15:00以降)の時間で開講します




■2次元CADコース



使用ソフトは一般的に広く使用されているAutoCADを使用します。

製図の基本から、CADの基本である線引きと修正機能などについては詳しく解説しますが、たくさんある機能については実践

的な役割を理解していただくために、実際の図面を入力しながら解説を進めていきます。

1回の講習時間は2時間で12回程度受講すれば、CADを使いこなせるようになりますが、個人差があります。基礎の機能を

理解していただくまではこちらのスケジュールで受講していただきますが、一通りの機能を理解していただいたら、受講者

のスケジュールで自由に受講することができます。

作図する内容によって使う機能も異なります。訓練を重ね身に着けることが重要です。







  ■3次元CADコース



使用ソフトはAutoCADの3次元機能を用いて行います。

二次元CADの習熟者にとってはとっても簡単に修得できると思います。

作図の基本は2次元CADと全く同じで、立体にする作業のコマンドと修正機能が少し増えるだけです。

1回の講習時間を2時間として10回程度受講すると3次元の立体構造物を制作することができます。

 集中して受講すれば2〜3週間程度でも立体図面の作成ができるようになります。

土木系



建築系







  ■3Dプリンターコース

 
画像ソフトウエアーはAutoCADとFusion360を使用します。
 Fusion360はAutoCADを販売しているAutodesk社が個人使用であれば、無用で使えるようネット上で使えるとても高機能を有したソフトです。

 AutoCADは3次元で制作したデータを3Dプリンターで出力するためのデーター形式(STL)を備えているため、AutoCADの三次元CADで制作したものはほとんど出力できますが、出力するためにはいろいろな工夫が必要です。

 CAD経験者であれば1回の講習時間を2時間として8回ほどで習得できます。
 しかし身近にある小物や家具、アクセサリーになると時間を要します。

 ホビーとして活用するためであればFusin360 を使う方が便利です。受講者の要望に即して指導を進めていきます。
 制作した作品は3Dプリンターで出力します




  ■出前指導コース


3次元CADコースと3Dプリンターコースに限り出前指導を行います。


条件は福岡市近郊でAutoCADが使えるPCとインターネット環境が整っている所であれば、こちらから出向いて指導いたします。


3Dプリンターコースの場合はインターネットが使えればフリーソフトのFustion360をインストールして指導します。







  ■3Dプリンターものつくりコース


本コースは3Dプリンターコースまたは、3次元CADコースを受講した方で、趣味として幅広く3次元の作品を制作したい方のコースです。


PCが空いているときには、受講期間であれば何回でも来て作業できます。受講料は他のコースの半額です。










作品例